次々出てくるVRサービス

本日は次々に出てくるVRサービスの中で2つ紹介します。 まず1つ目は、NBCがリオオリンピックをVRで放送する…

本日は次々に出てくるVRサービスの中で2つ紹介します。

まず1つ目は、NBCがリオオリンピックをVRで放送すると発表しました。

コンテンツの放送時間は計85時間とのことです。

ただし、対応機種はSamsung Gear VRのみで、尚かつヘッドギアを操作するGlaxyが必要になります。

gear-vr

VR番組の視聴はNBC Sportsというアプリから行えるとの事です。

どのコンテンツもリアルタイムで見る事は出来ず、ほぼ1日遅れでVR用に編集し配信されるとのことです。

リアルタイムで無い分、全てのコンテンツをVRで体験出来そうですね。

対応機種が指定されていて、多くの人がVRで観戦するとは考えにくいですが、是非体験してみたいです。

スポーツはVR映像に凄く向いていそうですね。

2つめは、VRで内覧出来るサービスです。

先日ビックサイトで行われたVRの展示会にて株式会社アートクラフトが出店していた、

VR映像で物件の内覧が出来るというサービスです。

実際に室内を撮影し、VR映像化することでヴァーチャルのモデルルームを制作し、実際に物件に足を運ばずに、内覧が出来ると言うものです。

これから不動産業界などに取り入れられて行くのかなと思いました。

不動産屋で間取りを見せてもらい、実際に行ってみたら思っていたのと違ったなんて事を経験した方もいると思いますが、間取りと一緒にVRで確認してから、実物を見に行くなんて事が出来そうですね。

ただ、賃貸や中古物件のVR映像が作られるのは、もう少し先になりそうですが、新築物件などにはかなりハマりそうだなと思いました。

VR、これからさらに加速してサービスやコンテンツが発表されそうですね。