忘却曲線の概念を取り入れた復習アプリが登場

人間の記録力とは、100個の情報を覚えたとしても、1ヶ月後には20前後の記憶しか思い出す事が出来ないと言われて…

人間の記録力とは、100個の情報を覚えたとしても、1ヶ月後には20前後の記憶しか思い出す事が出来ないと言われています。

auto_8dk3nz

これはエンビハウスの忘却曲線と言い、適切なタイミングで復習する事によって、記憶として定着すると言われています。

学生時代に先生から、「3日後に復習をすると良い」とアドバイスを受けた事がある方も多いと思いますが、それはこの忘却曲線に基づくものです。

このエンビハウスの忘却曲線に着想を得た、復習アプリ「reminDO」がリリースされました。

http://remindo.co/

使い方はいたってシンプルで、記憶したい学習内容をメモ感覚で登録すると、脳が忘れてくるなと言うタイミングで通知がされます。

具体的には、1日、3日、1週間、2週間、1ヶ月後のタイミングで復習を促してくれます。

screen322x572

現在は完全無料ですが、将来的には広告掲載やプレミアム機能を搭載してマネタイズしていく予定との事です。

制作者も、実際にエンビハウスの忘却曲線を参考にして学習していた経験があり、復習の効果にはある程度期待が持てそうですね。

実際にかなり有名な学習方法ですからね。

ただ、学生などの覚える事が多い人にとっては、どの教科やどんな事を学習してる時に利用するかを選んで使う必要が有りそうですね。

全部に使うと登録だけで時間を使ってしまうし、常にリマインドの対応に追われるなんて事になりそうですね。