美容師側から連絡が来る美容室予約アプリの登場

ネットやアプリで美容室を予約した経験がある方はわかると思いますが、 流れとしては、エリア、お店、メニュー、スタ…

ネットやアプリで美容室を予約した経験がある方はわかると思いますが、

流れとしては、エリア、お店、メニュー、スタイリスト、そのスタイリストのスケジュールを選んで予約する必要があります。

個人的には至極真っ当な予約のフローだと思いますし、面倒くささを感じる事は無いですが、

世の中にはこの予約のフローが面倒くさいと感じる人がいるとして、「requpo」というサービスが生まれました。

今までの美容室予約サイトとは逆の流れでユーザーは美容室を予約することが出来ます。

ユーザーが、日付、エリア、メニュー、時間帯、予算と、出来ればこれもと言う「おねだり」を登録すると、

条件にあった対応が出来る美容師から連絡来て予約が出来ると言うものです。

スクリーンショット 2016-07-28 11.15.20

ユーザーが美容室を調べて予約をするのではなく、ユーザーの条件に対して美容室がオファーをすると言う仕組みですね。

これならユーザーは色々なお店のページを見比べて、金額や日程が合うかなどを調べる必要は確かにありませんね。

美容師側は無茶な依頼は断ることが出来るそうです。

どちらかと言うと、ユーザーよりも美容室にメリットが多いサービスなのかなと思います。

ホットペッパーなどに掲載する為には、月々それなりの固定費がかかりますが、

「requpo」は成果報酬型で、お客様が来店時にアプリでボタンをタップすることで980円の課金が発生するとの事です。

個人的にはあまり魅力的には感じませんが、一定数は利用する人がいるのかなとは思います。

美容室をこうやって探す人は、「安さ」に重きを置いている人が殆どで、安けりゃどこでもいいのかなと思います。

いつも行く美容室が決まってない人達ですよね。

それにユーザーとしても、必ずオファーが来て予約が成立するかわからないので、

その日に絶対に美容室に行きたいユーザーには不向きですね。

こう言う感覚の人達をリピーターにするのは、そもそも骨が折れる事です。

ただ、カットモデルを探しているスタイリスト見習いの人達がこのアプリを使うは良いんじゃないかなと思います。

基本的には薬品代ぐらいを頂いて髪を切ったりカラーさせて貰ってるようなので、

その金額にマッチング料の980円も請求してしまえば良いのかなと。

美容室業界も大変みたいですね。