μITRONってなんだろう③

toppersの初級実装セミナー教材を使ってH8マイコン上でサンプルコードを動かした。 開発環境 window…

toppersの初級実装セミナー教材を使ってH8マイコン上でサンプルコードを動かした。

開発環境

  • windows7 64bit
  • USB-serial変換器(秋月電子で購入)
    デバイスマネージャー/ポートにUSB-to-Serial Comm Portがあるのでポートの設定でビット/秒(B)を38400に設定する。
  • H8/3069F(秋月電子で購入)
  • cygwin(H8に同梱されているもの、フラッシュROMライター制御ツール込)
  • TeraTerm
    設定->シリアルポート(E)を選択し、USB-serial変換器が使っているポートを指定する。
    ボーレートをデバイスマネージャーで設定したものと同じ値(38400)を選択する。
  • TOPPERS/JSP

簡易モニタの書き込み

h8マイコンのフラッシュメモリ(ROM)に書き込める回数には制限があり(100回)、この制限を超えると動作が保証されなくなる。これを回避するためにRAMに書き込みを行えるようにする。

コマンドプロンプトで次の操作を行った。

  • toppers-beginner-h8/monitor へ移動する。
    cd toppers-beginner-h8/monitor/

  • h8writerを使って書き込む
    下記を実行する前にH8のリセットボタンを押す。
    h8write -3069 –f20 mon3069.mot  COM9
    正常に実行されると「H8/3069F is ready! 」と表示された後に書き込みが開始される。

ファイルの転送

  • サンプルプログラムをmakeする。
    .srec形式のファイルが生成される。
  • TeraTermを開き、「ld」と入力した後に.srecファイルを転送する。
  • 引き続きTeraTerm上で「go」と入力してプログラムを実行する。

以上の操作でH8マイコン上でμITRON準拠のOS(TOPPERS/JSP)の動作を確認した。次回からはサンプルプログラムを読み解いていく。

μITRONってなんだろう①:入門の入門
μITRONってなんだろう②:マイコン
μITRONってなんだろう③:TOPPERS_JSPのサンプル