[iOS]Xcodeで実機デバッグするためのSTEP4: Provisioning Profile の作成

この記事は [iOS]Xcodeで実機デバッグするための5STEP の4記事目の記事です。 [iOS]Xcod…

この記事は [iOS]Xcodeで実機デバッグするための5STEP の4記事目の記事です。

[iOS]Xcodeで実機デバッグするための5STEP

Provisioning Profile の作成( Mac と iOS 端末とアプリの紐付け)

今まで Certificate や App ID や端末を登録してきましたが、単体では意味がなく、
開発にはこれらを一つのセットにした Provisioning Profile が必要になります。

iOS Provisioning Profiles の右の + ボタンをクリック

今まで作ってきた素材を合成しよう!-- Add Provisioning Profile --

Provisioning Profiles のタイプを選択する

デバッグがしたいだけなので下の画像の赤枠 Development の iOS App Development を選択してください。

またデバッグ版とリリース版で分かれてるんですか…-- Select Provisioning Profile Type --

App ID を選択する

素材1-- Select App ID --

Certificate を選択する

素材2-- Select Certificates --

端末を選択する

別にこだわりはないのですべてチェックして、次へ進みます。

素材3-- Select Devices --

Provisioning Profile の名前を設定して、次へ

合成!-- Generate Provisioning Profile --

生成された Provisioning Profile をダウンロードする

合成成功!-- Download Provisioning Profile --

ダウンロードした Provisioning Profile をダブルクリックする

Xcode の Organizer で追加されたことを確認してください。

何が秘匿すべき情報かわからなかった結果がコレだよ!-- Organizer --

もし、Status が Valid Profile と表示されずに
Valid signing identity not found というエラーになった場合は、Xcode を再起動してみて下さい。
それでも直らない場合は Certificate(登録されているMac) が異なっている可能性があります。
確認してみてください。

次の記事へ→ [iOS]Xcodeで実機デバッグするためのSTEP5: 実機デバッグするための Xcode の設定変更