Android アプリ開発環境構築から Genymotion でアプリを実行するまで

Android アプリの開発環境を構築する方法と Genymotion でアプリを実行する方法について説明しま…

Android アプリの開発環境を構築する方法と
Genymotion でアプリを実行する方法について説明します。

構築する環境
OS: Mac OS X 10.10 Yosemite
IDE: Android Studio 1.1
エミュレータ: Genymotion

コマンドラインツールのパッケージマネージャの Homebrew をインストールする。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

正常にインストールできているか確認する。

brew doctor

Homebrew を更新する。

brew update

アプリケーションのパッケージマネージャの Homebrew Cask をインストールする。

brew tap caskroom/cask
brew install caskroom/cask/brew-cask

Android SDK, NDK をインストールする。

brew install android-sdk
brew install android-ndk

Android Studio をインストールする。

brew cask install java
brew cask install android-studio

Genymotion をインストールする。

brew cask install virtualbox
brew cask install genymotion

Android Studio を起動する。
JDK の設定
AndroidStudio1
Android SDK の設定
AndroidStudio2
ライセンスに同意してインストール
AndroidStudio3
インストール完了
AndroidStudio4

Android Studio 起動画面
今回は Start a new Android Studio project でプロジェクトを新規作成する。
AndroidStudio5
プロジェクト新規作成
AndroidStudio6
ターゲットを選択
AndroidStudio7
Activity を追加
AndroidStudio8
Activity の設定
AndroidStudio9
プロジェクト作成完了
AndroidStudio10

Genymotion を起動
端末がないので追加する。
Genymotion1
Genymotion は登録が必要です。
Genymotion2
Genymotion のアカウントでログイン
Genymotion3
Genymotion のアカウントを作成していない場合は公式HPで登録する。
登録については省略。
Genymotion4
端末を選択
Genymotion5
ここでは Nexus5 (5.0.0) を選択
Genymotion6
端末名を設定
Genymotion7
端末を取得
Genymotion8
端末を選択して Start で実行
Genymotion9
端末が起動する
Genymotion10

Android Studio でアプリを実行

AndroidStudio11
Genymotion でアプリが実行できる
Genymotion11

以上です。