素敵すぎるニューヨークのシェアオフィスで働くエンジニア

小学校までは韓国と日本、中学からはアメリカに住んでいるエンジニアのDongさんにお話を聞いてきました! Don…

小学校までは韓国と日本、中学からはアメリカに住んでいるエンジニアのDongさんにお話を聞いてきました! Dongさんは現在はHirepurposeというベテラン(Veteran:退役軍人)向けの人材紹介会社で働いていらっしゃいます。オフィスはイースト・ビレッジにあるシェアオフィス。雑誌に何度も掲載されたというお洒落なオフィスです。

入口には大きく「9MM」の文字が。

写真 2014-02-24 17 21 37

受付。ノースリーブの可愛い女性が対応してくれました!

写真 2014-02-24 16 15 09

待ち合いスペース。ゆったりしたソファにモノクロのお洒落な写真が飾られています。

写真 2014-02-24 16 15 29

このスペースの創始者の方かな?

写真 2014-02-24 16 18 40

この写真は工事前の様子だそう。柱もいちいち格好良いですね!

写真 2014-02-24 16 18 33

入口のドアベルから始まり、中二階の間の鉄骨に1mおきに見下ろしているライオンさん。

ご利益がありそうです。

写真 2014-02-24 16 19 25

こういう風にバイクを飾るの、いいなー真似したい!

写真 2014-02-24 16 16 20

Dongさんの机。椅子がとても座りやすそうでした。

写真 2014-02-24 16 20 12

ところどころにアートが飾られています。

写真 2014-02-24 16 21 12

オーナーの趣味で、絵は全てオーナーが描いたものだとか!多才で羨ましい。。

写真 2014-02-24 16 21 48

トイレの入口に飾られてた絵。哀愁漂ってます。

写真 2014-02-24 16 21 02

こちらも別のトイレの扉。ほのかにエロスの香りが。

写真 2014-02-24 16 20 53

トイレの1つにはシャワーまで付いてました!

写真 2014-02-24 16 22 06

キッチン。大型冷蔵庫が2つもあります。

写真 2014-02-24 16 24 37

キッチン前のバースペース。ビリヤード台が絵になります。

写真 2014-02-24 16 23 54

一番奥の窓からはNYUのテニスコートが見下ろせました。

写真 2014-02-24 16 25 57

バーカウンター。呑んでる人はいませんでした。

写真 2014-02-24 16 24 51

この奥のL字型ソファは居心地が良さそうです。

写真 2014-02-24 16 25 23

ここにもアート。緑と照明とのバランスがさすがです。

写真 2014-02-24 16 28 34

オフィス内は、これで移動している人が何人もいました。そんなに広くないと思うのですが。笑

写真 2014-02-24 17 17 20

オフィス全景。茶色と黒が基調になって落ち着いた雰囲気です。

写真 2014-02-24 17 18 59

ミーティングルーム。机が珍しいものらしいですが、使用中だったため見る事ができず。

写真 2014-02-24 17 20 10

入口を後ろから見たところ。

写真 2014-02-24 17 20 47

一通り案内していただいたところで、Dongさんにお話を伺いました。

– これまでのキャリアを教えてください

キャリアのスタートはアトランタのベンチャー企業でした。ジョージア工科大学を卒業したのですが、マニファクチャリングのリサーチとデザインが専門で、ハードウェアではなくプログラミングを使うエンジニアリングをやっていました。

最初に就職した企業は街で一番大きなビルにあるイケイケのスタートアップ。入社した時には150人だったのがすぐに300人に増えるなど、すごいスピードで大きくなって行ったのですが、1年ほどで傾いてしまいました。業界専門のeマーケットプレイスのサービスを行っており、鋼鉄系の4大企業から出資されていたため業務拡大のスピードも速かったんですが、経営的な問題で縮小することになりました。

その後ソフトウェアコンサルタントの大手に会社が買われ、その会社に移った直後に家族の事情でNYに来ることになりました。次の会社はルーダーフィン社という、世界的なプロジェクトに携わるPR会社の技術系の仕事でした。そこではクライアントのコミュニティサイトなどを作っていました。

– デジタル領域のPRに携わっていたんですね!今もまだ熱い分野だと思います。

そうですね、ただコミュニティサイトは一度作ってしまうと後は保守なので…。そこから色々あって今の会社に移り、軍出身者のためのジョブ(転職)サイトを作っています。人材エージェンシーではなく、パートナーシップを作りたいという考えを持った会社です。

開発チーム以外は皆軍出身の人間です。うちのサービスは自分が所属していた場所によってトレーニングをしています。エンジニア、ファイナンシャル、ヘルスケアなどからの引きが強い。

– 情報技術系は軍は強いと思うのですが、なぜファイナンシャル分野も来るのですか?

ここがニューヨークということも多少ありますが、その理由よりもファイナンス系の仕事はタフであることが求められるようです。何があっても動じない精神力というか。軍出身の人間はフィジカルにもメンタルにも鍛えられますから、そういった需要ですね。

1年近くサインアップサイトだけオープンにしており、クローズドで人材マッチングを行ってきました。正式なサービスインは2014年に入ってからなので、これからどんどん大きくなる予定です。

– 急成長したベンチャー、その後世界的に有名な大手企業、今は始まったばかりのスタートアップで働いていらっしゃいますが、また会社を変わることなど考えていますか?

今は考えていないです。今の会社の良いところは、新しいテクノロジーや発想にチャレンジしながら、自分の頑張り次第で会社を大きくできる所。小さなチームだと社会に対しての自分の貢献度(レスポンしビリティ)も高いので楽しいです。

ベンチャーでやっていきたかったら、投資(ファイナンス)・ビジネス・PRなと色々なネットワークを持たなくてはいけないので、こういったシェアオフィスだとそこも自分のキャリアにとって利点ですね。

軍出身者の転職サービスは、そのニーズも市場規模も日本で生まれ育った私には想像がつかない分野で興味深いお話でした。競合は2社あるそうです。軍は国家予算で雇用/解雇が決まるそうなので、急に経験のない転職活動をしなければならなくなった、本当に困った人たちのためのサービスになって行くことを期待しています!