ウエアラブルに挑戦する日本の企業紹介

ウエアラブルに挑戦する日本の企業を調べてみた! 最近Google Glassなど話題になっている「ウエアラブル…

ウエアラブルに挑戦する日本の企業を調べてみた!

最近Google Glassなど話題になっている「ウエアラブル」。海外ではいろんなサービスがリリースされているのは毎日のように見かけるのですが、日本のウエアラブルベンチャー企業ってあまり知られてないかもしれないのではと思いまとめてみました。

 

1. Telepathy
[iframe width=”560″ height=”315″ src=”//www.youtube.com/embed/efqVcFzIaPA” frameborder=”0″ allowfullscreen][/iframe]

こちらはGoogle Glassの対抗馬として有名な「Telepathy one」を開発しているTelepathy。CEOはセカイカメラで一世風靡した井口尊仁さんで、シリコンバレーを拠点にTelepathyを創業している。2014年中の製品発売を目指しているとのこと。

 

2. 株式会社ログバー

[iframe width=”560″ height=”315″ src=”//www.youtube.com/embed/pkrbYoror7A” frameborder=”0″ allowfullscreen][/iframe]

こちらはTechCrunch Tokyo 2013のスタートアップバトルで最優秀賞を獲得したことでも話題になった「Ring」という指輪型のウエアラブルを開発中の株式会社ログバー。RingのHP上ではカウントダウンが始まっており、何かしらの重大発表があるらしいです。本当に実現可能なのか注目されているベンチャー企業なので発表日が待ち遠しいですね。

 

3. ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

[iframe width=”560″ height=”315″ src=”//www.youtube.com/embed/gNvshfU4JQw” frameborder=”0″ allowfullscreen][/iframe]

こちらはソニーモバイルコミュニケーションズがてがける腕時計型のウエアラブル「Smart Watch2」。もうすでに発売されているので誰でも手に入れられるはずですが、使っている人を見たことがありませんし、あまり話題にもなっていませんね。

 

4. ソニーコンピュータサイエンス研究所

smart_wig

こちらは「Smartwig」と呼ばれるかつら型のウエアラブルでソニーが特許を出願したことでも話題になりました。こちらはあくまで試作品で商品化は今のところ無いとのことです。

 

5. カシオ計算機

G-SHOCK

こちらは腕時計やカメラでも有名なカシオ計算機が開発してすでに販売している「GB-5600B-1JF」など3種類。こちらは基本的にG-SHOCKの機能なのだが、Bluetoothによるスマートフォンとの連携で着信やSNSの通知が分かるといったデバイスになっています。こちらはあくまで通知のみなので検索や通話などはできません。

 

6. NTTドコモ

moveband

「わたしとムーヴ」というヘルスケアサービスと連携して、からだのデータ(歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠時間)が記録できる「ムーヴバンド」。こちらもスマートフォンのアプリと連携して使用するというデバイスになっているので、単体では使えなさそうです。

__________________________________________________

いかがでしたでしょうか。基本的にスマートフォンの次を目指して大企業が開発していることの方が多いようです。ただ個人的には株式会社ログバーやTelepathyなどのベンチャー企業に頑張って欲しいです。