携帯電話が発する電磁波が雄のネズミに発癌作用を発見か?

大規模な毒物研究事業National Toxicology Program(NTP)が、2年間で25億ドルを掛…

大規模な毒物研究事業National Toxicology Program(NTP)が、2年間で25億ドルを掛けて行った研究によって、携帯電話などが発している電磁波の影響により、わずかだがネズミが発癌する関係を発見したのと事です。

影響を受けるのは雄の個体のみとのことです。

shutterstock_94844608

研究方法は何千匹ものネズミに、2年間毎日一定量の電磁波を照射するもので、電磁波を全く照射しないグループも同じ期間養育したとのことです。

被爆したネズミは2ないし3%が脳に神経腫瘍を生じ、1ないし6%が心臓に神経鞘腫を発現したとのことです。

記載した様に、雄のネズミだけに影響があり、電磁波を照射させないグループの方が寿命が短かったという研究データも出ています。

ただ、効果が微弱なので人間に影響すると外挿することは出来ないと発表しています。

しかし、この効果が存在しなかったとも言えないのは事実との事です。

引き続き研究は続ける様ですが、完全は研究論文の発表は来年とのこと。

 

人間に影響するかは引き続き研究が必要なようですが、研究が進み、人間に影響が有るのか、無いのかを少しでも早く解明して欲しいですね。