スマホで撮った写真を販売するサービスの登場

「Smapmart」と言うサービスが6月1日にスタートしました。 スマホで撮った写真をフリマ感覚で売れると言う…

「Smapmart」と言うサービスが6月1日にスタートしました。

スマホで撮った写真をフリマ感覚で売れると言うサービスとのこと。

https://snapmart.jp/

スマホアプリでカメラロールから写真を選択して、タグ付けやコメント、位置情報を指定するだけで、1枚100で販売出来る。

もっと高値で販売したい人は、申請すれば1000円までの価格で販売が可能です。

投稿した写真は、広告素材を探してる企業が買い取る仕組みで、取引成立で販売金額の50%〜70%がユーザに支払いされる。

出品はとても簡単で、カメラロールから写真を選択したら、後はSNSと同じ様に情報を記入すれば出品完了出来る様です。

sm01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不正投稿の写真に対しては、画像解析で対策するとの事で、企業側も安心して写真を使える様にしているそうです。

私は、前職でゲッティを良く利用する機会があったり、ちょうど昨日、アマノに転職が決まった友人と食事をしていたので、今回ブログで取り上げさせて頂きました。

個人的な印象としては、アマノやゲッティ、PIXTAとターゲットなど含め差別化は出来てると思う一方で、そんなに需要があるのかなと感じました。

もう1つ疑問として、スマホユーザが撮る写真って、飲食店の料理の写真や、出かけた際に立ち寄ったお店などが多いと思うのですが、例えば、飲食店側からすると、勝手に料理の写真が販売されて、関係の無い企業のサイトやアプリ内で使われてるのって、必ずしも良い事なのでしょうか?

きっと、料理の写真から飲食店が特定されるような写真は販売出来ない様にすると思いますが、ここら辺の対策がちゃんと引かれているのか気になる所です。