オリンピック選手が試合後に買い物出来るリング型決済端末

タイトルの通り、オリンピック選手が試合後に買い物出来るリング型決済端末が開発されました。 開発したのはVisa…

タイトルの通り、オリンピック選手が試合後に買い物出来るリング型決済端末が開発されました。

開発したのはVisaです。

NFCに対応し、支払いが出来るリングとの事です。

XXXX on Thursday, June 2, 2016, in New York. (Charles Sykes/AP Images for VISA)

NFCとは、BluetoothやWifiと同様の、近距離無線通信技術です。

BluetoothやWifiとの違いは、通信速度が比較的低速だと言うことです。大きいデータの通信には向いていません。

一番の違いは、BluetoothやWifiは承認が必要ですが、双方のデバイスがNFC対応であれば、デバイス同士でワンタッチ(触れる)すれば通信が出来る点です。

Team Visaのアスリートに提供する予定との事で、一般発売の予定は今の所無い様です。

リングはバッテリー駆動で防水加工されているとの事。

皆さんも同じ事を思っているでしょうが、オリンピックアスリートが、競技後直ぐに買い物なんかするのか?いやいやしないでしょ。と思ったはずです。

とは言え、個人的には一般発売して欲しい。

ランニングやウォーキングする時に、小銭を持たなくて済みますね!

兎にも角にもオリンピック楽しみですね。

選手がリングを着けているかも注目してみます。