総務省が第5世代通信規格を利用したサービスの開発を来年からスタート

来年2017年から、総務省は第5世代通信規格、いわゆる5Gを活用した、サービスの開発に乗り出すとの発表がありま…

来年2017年から、総務省は第5世代通信規格、いわゆる5Gを活用した、サービスの開発に乗り出すとの発表がありました。

1507235gdocomo5Gは現在主流のLTEの次世代規格であり、20年度のサービス開始を目指しているとことです。

5GはLTEの100倍の通信速度になり、より多くの人が同時にネットを利用しても、途切れないというのが主な長所になります。

5Gの普及には、これらの特徴を生かしたサービスの有無がカギとなるとみているようで、民間企業と協力して開発を急ぐとのこと。

通信会社や電機メーカー、自動車メーカー、映像関連企業の参加を見込んでいるとのこと。

これから、ますますデバイス以外の物も、それぞれネットに接続していくでしょうから、必要な開発になりますね。きっとあらゆる物が通信するようになるんでしょう。

車の安全制御や、視聴者が好きな視点でTVでスポーツ観戦するなどの、5Gによってどんなサービスやテクノロジーが生まれるのか、楽しみですね。

同時に人がどんどん楽が出来る未来に少し不安を感じたりもしてます。