WWDC2016の内容

WWDC2016が終わり、appleからOSをメインとして様々な発表がありましたね。 本日はその内容をざっくり…

WWDC2016が終わり、appleからOSをメインとして様々な発表がありましたね。

2016-06-14-wwdc2016-ios10

本日はその内容をざっくりですがまとめてみます。

appleの上級副社長、クレイグ・フェデリギが「iOS史上最大のアップデート」と言った様に、iOS10では大幅な機能強化が期待出来ます。

ロック画面及びホーム画面の強化

iPhoneを持ち上げて立てるだけでスリープが解除されるRaise to wakeと言う機能のほか、ロック画面上で3D Touchを使い通知を確認出来たり、メッセージの返信を送る事も出来る様になると発表がありました。これらの機能はサードパーティにも解放されるとの事で、lineなどでも使える様になりそうですね。

ホーム画面でも各アプリの通知を3D Touchで確認出来る様になるとの事です。

もちろん、3D Touchの機能があるiPhone6Sや発売が噂されている7でしか使えませんが。

残念ながら私は6なので使えなさそうです。

Raise to wakeも、結局ロックを掛けているユーザはロック解除が必要なので、そこまで便利になるかと言うと、微妙な所ですね。

Siriのをサードパーティに解放する

今週アメリカでSiriが救急車を呼んでくれた事で、人命が助かったニュースがありましたが、ついに、やっと、Siriをサードパーティに解放するとの事です。

現状はapple純正のアプリとしか連携出来ていませんでしたが、純正アプリ以外でもSiriを使った操作が可能になります。

Siri自体の能力も向上しているとの事です。

キーボードの強化

発表では英語環境キーボードのみようですが、文脈を判断して電話番号や住所などを入力候補として表示出来るようになるとの事。

また、英語とスペイン語など、複数の言語を1つのキーボードで切り替えずに入力出来る様になるとの事です。

現状は日本語キーボードの対応は不明ですが、いずれ対応すると思います。

写真アプリの強化

顔やシーン認識の機能の搭載が発表され、それらの条件で検索が可能になり、場所やイベント毎に写真をまとめる「memories」と言う機能が追加されます。

まとめられた写真毎にスライドショーを作成する機能も追加されるとの事です。

マップの強化

マップ内で直接、別のアプリでお店やタクシーの予約が出来る様になる(マップの画面上に別アプリの予約機能が使えるそうです。)

ほかにも、予定などをもとに、場所や道のりを紹介する機能が追加されました。

ナビゲーション機能内では、リアルタイムの交通情報がチェック出来る様になる他にも、目的地の途中にある店舗や施設の検索も可能になるとの事。

Apple Musicの改良

006

Apple Music発表後、ユーザから様々な意見(主に使いづらい、見にくい)に答える形になりましが、「ミュージック」アプリのデザインが変更されました。

変更と言うより、作り直した様です。

大幅にデザインが変わってるので、最初は戸惑うかもしれませんね。

歌詞の表示にも対応したとの事です。

日本は現状では対応するのか未定です。

ニュースアプリの改良

そもそも日本では利用出来ない「ニュース」アプリもデザインが変更され、定期購読機能が追加されるそうです。購読しているニュースはロック画面にも通知を表示するとの事。

こちらも日本での展開については明言はされませんでした。

HomeKitについて

そもそもHomeKitって何?と思う方もいらっしゃると思いますが、スマート家電コントロールです。そうです、今流行のIoTデバイスです。

対応する家電の種類が増えたのはもちろん、各機器統合のコントローラーアプリ「Home」が追加されました。

個々の機器を個別に操作出来る他に、シチュエーション毎にグループが作れ、家にいる時は電気とエアコンをつけて電動カーテンを開けたり、寝る時にはカーテンを閉めて電気を消し、エアコンのタイマーをかけると言った操作を、あらかじめ登録する事でワンタッチで出来ます。

もちろん前提条件として、操作する対象、ここで言うカーテンや照明、エアコンがスマート家電である必要があります。

全部スマート家電にするのは、現状ではかなり費用がかかりそうですね。

ただ、SF映画のワンシーンが当たり前になる時代がすぐそこまで来ていますね!

電話アプリの機能追加

通話内容のテキスト化、迷惑電話が掛かってきた際に警告を表示する機能が追加されます。

日本での対応は不明です。

メッセージアプリの強化

009

メッセージとして記入されたURLページのイメージで表示させる機能(lineでURLを載せると、自動でサイトの画像が表示されますよね、あれです。)や、手書き入力などの機能が追加されました。

また、画面いっぱいに巨大なエフェクトを表示したりもできる様になるとの事です。

他にも、子供向けのプログラミング学習アプリが発表されたりとかなり盛りだくさんでした。

最後に、個人的に最も嬉しかった発表をお伝えします。

ついに、やっとですが、「ヒント」や「Game Center」といった、最初から入っていて消せない、しかも使わないアプリの消去が出来る様になります。

使わないこれらのアプリのフォルダを作ってまとめて、それから1回もそのフォルダを開いてないなんて人、かなり多いのではないでしょうか?

これでやっと無駄なフォルダとおさらば出来ますね。

例年通りだとすると、一般公開は9月頃になるでしょう。

いまから、OSのアップデートと各アプリの対応が楽しみですね。