人工知能がビールを作る!

遂に?なのかは別として、人工知能がビールを作る時代になりました! プロの囲碁棋士に勝つ人工知能が出来た時代、(…

遂に?なのかは別として、人工知能がビールを作る時代になりました!

プロの囲碁棋士に勝つ人工知能が出来た時代、(こう前置きすると大したこと内容に感じてしまいましたが)人工知能がビールを作る人工知能が開発されました。

ロンドンを拠点とするスタートアップ企業のIntelligentXは、英国の伝統的なエールビールなどを製造販売しているのですが、そのレシピ作りに人工知能を活用しています。

Front

IBMのWatsonをベースにしたシステムを導入しており、ユーザーがビールを飲んだ感想をFacebookメッセンジャーのチャットボット経由で伝えると、その内容を次の製造レシピに反映させてくれるサービスを提供しているとの事。

このサービスによって、ユーザーの意見を反映させたビールを製造しているので、ある種ユーザーの欲しい、ユーザーオリジナルのビールを作ることが出来ます。

image-640x480

 

どこまでユーザーの理想に近づけるかは、実際に利用してみないと何とも言えない部分ではありますが、魅力的なサービスであり、ユニークな人工知能の使い方かなと思います。

ビールに限った事ではなく、日常で使うような他の嗜好品にも流用出来そうですね。

ラベルなどもオリジナルで作った物を利用出来れば、さらに魅力的なサービスになるかなと思います。

このサービスが上手いなと感じたところは、ビールという嗜好品に目を付けたところで、もしユーザーが一度このサービスを利用して、ある程度の満足感を得れば、もっと自分の理想に近づけたビールや、気分に合わせた物を作りたくなるなと思いました。

ビール大好きな私としては、日本でも同じようなサービスが出ないかなと期待しております。

流石ビール大好きなイギリス人です!