「ワイヤレスイヤホン」をappleが独自開発

iPhone7(仮名)にはイヤホンジャックがなくなる情報がありますが、どうやらその情報は有力の様です。 次の端…

iPhone7(仮名)にはイヤホンジャックがなくなる情報がありますが、どうやらその情報は有力の様です。

次の端末と同時に、ワイヤレスのイヤホンを同時開発していると言う情報が流れています。

アップルは数年前からワイヤレスイヤホン向けBluetooth無線チップを開発していた様です。

アメリカではヘッドフォンの販売売上の5割以上がBluetoothを利用したワイヤレスの物になっているそうです。

もし次のiPhoneにイヤホンジャックが無くなると、ワイヤレス以外にも、Lightningコネクタによって音楽を聴く事は可能ですが、

日本もワイヤレスイヤホンないし、ヘッドホンが主流になりそうですね。

ワイヤレスイヤホンには、バッテリーの保ちが短いという問題がユーザーの中ではあり、

今回appleが独自開発している、無線チップによってその問題を解決出来る事になりそうです。

appleは2013年に無線チップメーカー「Passif Semiconductor」を買収しています。

Passif Semiconductorは当時、省電力で環境に優しいワイヤレストランシーバーを生産しており、

今回はその技術を用いて開発していると思われます。

また、appleはヘッドホンメーカーの「Beats」も買収しているので、今回こそはBeatsも深く関わった物になるかも知れません。

(買収された時には次回の付属イヤホンにはBeatsの物が入っているのではないかと期待していたユーザーもいたが、入らなかった。)

ただ、Beatsは独自で既にワイヤレスイヤホンを販売もしています。

ダウンロード

Beatsのワイヤレスは左右の端末がコードで繋がっていますが、今回appleで開発している物は、完全なるワイヤレスだと言う噂です。

私事ですが、今日の出勤時にイヤホンが断線しかけまして、リケーブルするかワイヤレスを買うかかなり迷っています。

わざわざリケーブルしても、次からの端末にイヤホンジャックが無いと無駄になってしまう事を懸念していましたが、

どうやらワイヤレスを購入した方が良さそうですね。

ただ、ワイヤレスは音質があまり良くなかったり、ラグがあったりするので、もう少し様子をみていたいです。

運動様にはワイヤレスは、最高に適していそうですよね。

appleの正式発表が楽しみです。