5S活動について

エンジニアの山本です。 5S活動という言葉をご存知ですか Wikipediaから引用しますと 整理(せいり、S…

エンジニアの山本です。

5S活動という言葉をご存知ですか

Wikipediaから引用しますと
整理(せいり、Seiri)
いらないものを捨てる
整頓(せいとん、Seiton)
決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく
清掃(せいそう、Seisou)
常に掃除をして、職場を清潔に保つ
清潔(せいけつ、Seiketsu)
3S(上の整理・整頓・清掃)を維持する
躾(しつけ、Shitsuke)
決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける

の頭文字Sから5S活動と呼ばれています。

「こんな面倒くさいことしてメリットあんの?」
私もはじめはそう思いました。
特に導入当初は非常に面倒くさくて大変でした。

本棚の資料等はどこに何があるかを全て台帳に記して管理する必要があります。
事務所内の什器(PC類含み)は全てレイアウト図を作ってその通りに配置しないといけません。
個人で所有している備品も何処に何が何個あるまで台帳に書く必要があります。
しかし、面倒くさい分メリットもあります。

メリット1:
「あれ、どこにあんの?」
「今、誰がもってんの?」
日常、よくある光景だと思いますが、これがまずなくなります。
何処に何があるかが見える化されていれば、探す手間がなくなりますし、
台帳管理していれば誰が今持っているかもすぐわかります。

メリット2:
「あれ、もうないの」
「今すぐ使いたいのに、明日じゃないと手に入らないの?」
これも防げます。
事務所で使う消耗品なども台帳管理しておけば在庫が何日くらいで底をつくかが予想できます。

のように探したり、待ったりのムダを無くせて生産性の向上が図れます。

とは、言っても5Sの導入が面倒くさいのは事実ですから、
まずは身の回りの2S(整理・整頓)から始めてみるとよいと思います。
・いらないものは捨てる
・モノは定位置において使ったらすぐに元の場所に戻す
これだけなら簡単ですよね。