Mastodon on Docker(ローカル編)

巷で話題のマストドンを動かしてみました 1.Dockerの準備 https://docs.docker.com…

巷で話題のマストドンを動かしてみました

1.Dockerの準備

https://docs.docker.com/docker-for-mac/install/
からdockerをインストールします

2.リポジトリのクローン

git clone https://github.com/tootsuite/mastodon.git
cd mastodon

3.Docker関連の設定

3.1.docker-compose.ymlの編集

下記の部分のコメントを外します

db:
restart: always
image: postgres:alpine
#volumes:
#- ./postgres:/var/lib/postgresql/data

redis:
restart: always
image: redis:alpine
#volumes:
#- ./redis:/data

3.2.Dockerイメージを作成

docker-compose build

4.envファイルの編集

サンプルファイルがあるので、コピーして必要なパラメータを埋めます

cp .env.production.sample .env.production

.env.production

LOCAL_DOMAIN=localhost:3000
LOCAL_HTTPS=false
PAPERCLIP_SECRET=[後述のキー]
SECRET_KEY_BASE=[後述のキー]
OTP_SECRET=[後述のキー]

キーは以下のコマンドで作成します。
それぞれ別のキーを設定する必要があるので、3回実行してそれぞれ貼り付けます

docker-compose run --rm web rake secret

5.データベースを作成

docker-compose run --rm web rails db:migrate

6.アセットを作成

docker-compose run --rm web rails assets:precompile

7.起動

docker-compose up

localhost:3000/about にアクセスすると、ログイン画面が表示されます

8.メール認証スキップ方法

通常は会員登録すると認証メールが届きますが、今回はメール設定をしていないのでターミナルから認証します

docker-compose run --rm web rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=[登録したアドレス]

管理権限も付与したい場合は以下のコマンドを実行します

docker-compose run --rm web rails mastodon:make_admin USERNAME=[登録したユーザー名]

以上です。