スマートフォンのアプリ開発を依頼するときに気になる方法や会社や費用についてまとめ

ここ数年でスマートフォンが一気に普及し、数多くのゲームや便利ツールのアプリがリリースされました。最近では企業での導入が多くなってきており、業務を効率化するためのアプリ開発が目立ちます。
そのような状況の下、各企業のアプリ企画担当者様からご質問を頂きます。例えば、アプリ開発についての見積もり、維持費、開発期間、運営費などについて疑問をお持ちの方が多いようです。本記事ではそれらに回答をしていきたいと思います。

1 スマートフォンアプリ開発とは?

現代になり、スマートフォンが普及し始めた頃からアプリ開発が盛んになり始めました。

スマートフォンだけでなく、タブレットや新しい形のデバイスなどに対応するようなアプリの開発も求められてきており、この市場はかなり拡大してきております。
これらのアプリ開発の件数は、パソコンが普及し始めた時の開発に比べて、何倍も存在するというのですから驚きです。
さらに、アプリ自体がありふれてきているので、実用性や斬新さがなければユーザーのニーズに答えることができないのも、スマートフォンアプリ開発の特徴です。

1.1 iPhone(iOS)アプリとは?

スマートフォンの種類の一つであるiphoneのアプリはかなり需要が高まってきています。
Apple社が2007年にこの端末を発売してから10年、今や世界中で親しまれるものとなっています。
iPhoneの普及率が日本でもかなり高くなってきており、普及率が高まるにつれて、iohoneアプリの需要もどんどん高まってきています。
さらに、iphoneだけでなく、iPadやiPod touchなどもアプリが起動するため、それらすべての操作に対応するようなアプリ開発が求められています。

1.2 iPad(iOS)アプリとは?

Iphoneと同様に、発売から今までどんどん普及していっている端末の一つです。
今ではiphoneとiPadを使い分けたりするような人も多いですね。
このタブレットは画面が大きいですので、iphoneのような操作性だけでは少し不便です。
しかし、この端末だけに対応したようなアプリを開発してしまうと、逆にiphoneでの操作性が損なわれてしまいます。
これらの端末で起動できるアプリは、しっかりとバランスのとれたもの、ということが必要になってきます。

1.3Androidアプリにとは?

AndroidのアプリはJava言語で作成されます。
Iphoneアプリの開発と違う点は、独自機能を持った端末がいくつも存在するので、多様性を持たせなくてはいけないという点です。
Apple社が提供しているiphoneのアプリ、ということであれば、基本的にはAppleが開発した端末に対応しているアプリを開発すればいいのですが、Androidの場合は違います。
いくつもの会社が、いろいろな機能や操作性を持たせた端末を開発しているので、それらを調査した上でアプリを開発する必要があります。

2 アプリ開発の依頼

基本的には、アプリ制作の専門のサービスがあるので、そちらで外注するような形ですね。
なかなか自分たちでアプリ開発はできないので、外注するのが主のスタイルです。
外注先は現在かなり多く存在しているので、制作実績などをよく確認して、自分に合った外注先を選ぶのが大事と言えますね。
企業を対象にしているところもあれば、個人を対象にしているところもありますので、それらもよく確認するようにしましょう。
また、費用なども各会社ごとに異なってくるので、ここも見落とさないようにしたいものです。

3 アプリ開発の費用

アプリ開発においての費用は、エンジニアが自ら算出するもので、その算出方法はエンジニアのさじ加減によりかなり変わります。
基本的には日数ごとにお金がかかるみたいですが、日数はエンジニアが大体の予想で決めます。
50万円程度はかかると思っていた方がいいですね。
また、それ以外にも運営費、維持費、サーバー費、ランニングコストなど、諸々の費用がかかってきます。
それらすべてを含めての見積もりということになりますので、しっかりと覚えておきましょう。
年間でかかる維持費もあれば、サーバーランニング費のように月額でかかるお金もありますので、それぞれ確認は取っておくといいと思います。

4 アプリ開発の会社

アプリ開発会社は、調べてみた感じかなりたくさんあります。
それぞれの特徴も一つ一つ違うので、自分の目で確かめるべきかと。
もしもアプリ開発の会社に外注を依頼するときは、しっかりとコストの面に気をつけましょう。
こちら側から確認を取らなければ、向こうは知っていることを前提に話を進めてしまっていたりもするので、ランニングコストなどについて知らなくて、予算をオーバーしてしまった、などということはないようにしましょう。
ある程度の知識をつけてから依頼することも大切ですよ。

6 まとめ

スマートフォンアプリが普及して、開発もかなり規模が大きくなっており、また、外注先もかなり増えていますね。
対個人のところや対企業のところなどあって、予算もそれぞれ違っているので、自分に合った外注先が選びやすくなっています。
これも時代の変化の賜物と言えるでしょう。
自社のアプリや、個人的にアプリを作りたいという方は、インターネットで調べるとすぐに出てくると思うので、気軽に見積もりを出してもらったり、依頼をしたりすることができます。
そのぶん、自分でコストの計算や予備知識などを怠らないことが大切ですね。
これからの将来、スマートフォンのアプリの開発がかなり需要のあるものになっていきそうですね。

モバイルアプリ開発に関するご相談、お見積依頼などはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は

03-6721-7105

メールでのお問い合わせ・資料請求は